ブログ 古民家 歴史

市松模様

投稿日:

おはようございます

台風一過で晴天!?

とは行かないまでも

出張先のホテルの窓から見る道路はかなり乾燥しています

それから想定すると

夜中に雨は上がったんでしょうね

皆さま被害は無かったでしょうか?

さて

今日はこれについて

市松模様

最近で有名なのは

この市松模様をモチーフに

東京で開催の2020年夏季オリムピック.パラリンピックエンブレムに用いられました

江戸中期

歌舞伎俳優の佐野川市松が

この模様の袴を用いたことが始まりらしく

石畳や霰(あられ)とも呼ばれていました

この柄

世界に誇るべき日本の文化の一つ

だと思っています

あのルイビィトンのダミエ

この日本の市松模様をヒントに考えられ

また

日本の家紋をヒントにしたのが

モノグラム

↑LV以外は家紋に見えます

1878年のパリの万博に日本が参加したことから

日本庭園や工芸品など

その美しく繊細な文化を目の当たりにしたヨーロッパの人々は忽ちにそれらの日本文化の虜になり

そしてジャポニズムという日本ブームが始まったきっかけとなったようです

これは↓

大正時代に建てられた長屋の台所

タイルが市松模様です

今は相当汚れている

下の棚も相当ヤバイ状態

(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

どうしようかな‥

全部取っ払って一から新しくするか‥

でもね

この市松君

捨て難いんですよね

(´∀`)

これも活用するか

ではでは

出張先のホテルからスマホで更新となりました

皆様にとって良き一日でありますように

今日も一日笑顔で頑張りましょう!

-ブログ, 古民家, 歴史

Copyright© 全国古民家活用推進協会大阪支部 , 2019 AllRights Reserved.